コンプライアンス

  1. トップページ
  2. コンプライアンス

コンプライアンス

現場において、「コンプライアンス」は重要なキーワードです。
すでに一般的となったこの言葉ですが、「法令遵守」という狭い意味で捉えられがちです。しかし、それだけでなく、「社会規範に反しない」という本来の意味においてこそ、労働者において重要であるとエムアンドアールは考えております。つまり、「法に抵触しなければよい」という最低限のことだけではなく、「社会生活の調和を図る」ことで、やっと「コンプライアンス」が徹底されているということになります。道徳を含んだ、倫理の範囲まで考慮して「コンプライアンス」というべきです。

「法律を守ろう」「人を大事にしよう」という姿勢が、「コンプライアンス」の本質であるとエムアンドアールは考えております。
「コンプライアンス」の実現によって、スタッフの皆様には、働くことの安心感と仕事場での充実感が、円滑な業務と職場の一体感が生まれるはずです。

「コンプライアンス」において前提となるのは、まず法律の理解です。法律は、社会規範を集約したものだからです。
またスタッフに限らず、人間一人ひとりには感情があり、異なる価値観があります。
共に仕事をする上で、お互いを尊重する姿勢がなければ、業務は円滑に進みません。それは法律を守っていれば問題はない、という硬直な姿勢とは異質なものです。
エムアンドアールでは「法律の理解」「お互いを尊重する姿勢」を大事にしています。

特に、以下2点について、ご理解いただけますよう、お願いいたします。

1. セクシャルハラスメント防止の取り組み

セクシャルハラスメントとは、職場などで「相手の意に反して不快や不安な状況に追い込む性的な言葉や行為」を指します。
例えば「職場に限らず一定の集団内で、性的価値観により、快不快の評価が分かれ得るような言動を行ったり、そのような環境を作り出したりすること」といった性別を問わない用例です。

エムアンドアールでは、健全で快適な就業環境を確保するため、セクシャルハラスメントの防止及び排除に努めます。

スタッフは、セクシャルハラスメントに関する苦情や相談を、雇用契約書に明示されている「苦情の申出先」もしくは営業担当に行います。その上で、当社は就業先と協力して、必要な措置を迅速かつ適切に講じます。

また、セクシャルハラスメントに対する苦情や相談に関わる調査への協力、その他セクシャルハラスメントに対するスタッフの対応に起因して、不利益な取り扱いを受けることがないようにしなければなりません。
尚、関係者のプライバシーの保護を最優先にし、その内容については守秘義務を負うものといたします。

2. 契約書を必ず明示します。

就業先企業と締結する主な契約書
  1. (ア)業務委託基本契約書
    業務の一部または全部を任せる際に、委託者と受託者との間で締結するものです。 事前に双方の合意の上で業務に着手するための契約書です。請負の契約の際に締結します。
スタッフと締結する主な契約書
  1. (ア)請負雇用契約書
    請負の場合の契約書で、労働基準法で定められた「労働条件明示事項」と、労働者派遣法で定められた「明示事項」を定めます。
ページ上部へ戻る